手縫い革製品 OUCHI基礎知識・用語集 > 革の種類(いきもの編)

基礎知識・用語集

革の種類1

・牛の革

キメが細かくハリがあり丈夫なため、さまざまな革製品に使用されます。最も身近にある革です。
牛革は年齢などによっていくつかの種類に分けられます。

ブルハイド:成牛生後3年以上の去勢されていない雄牛の革。
靴底などに使用されます。
ステアハイド:成牛月齢3〜6か月以内に去勢され、2年を超えた雄牛の革。
最も流通量の多い革です。
カウハイド:成牛生後2年以上の出産経験をした雌牛の革。
カルビン:成牛生後2年以上の出産経験のない雌牛の革。
キップスキン:中牛生後6ヵ月〜2年の成牛の革。
カーフスキン:仔牛生後3〜6か月の革。
重さ9.5〜15ポンド:ヘビーカーフ/9.5ポンド以下:ライトカーフと呼びます。
ハラコ牛の胎児の毛皮
地生(じなま)国内産の牛革のこと。生皮のまま取り引きされていたことから地生と呼ばれていた。輸入される一般のものより、キズが少なく美しいとされる。

・哺乳類、鳥類系の革

革はもちろん牛だけではありません。
高級素材といわれるオーストリッチから影の立役者ピッグスキンまで、牛以外の革のご紹介。

ピッグスキン:豚3つ並んだ毛穴が特徴、通気性が良く丈夫な豚革。
タンニンなめしの一種である「アメ豚」は飴色で独特のつやがある。
ホースハイド:馬革お尻の部分からとった「コードバン」は繊維が緻密で光沢が美しく有名。
ゴートスキン:山羊革
キッドスキン:仔山羊革
毛穴がきれいで、繊維の充実度が高く、革に仕上げると"風合いのよさ"があり丈夫。
シープスキン:羊革
ラムスキン:仔羊革
毛穴が小さく、キメ細かで、薄く柔らかい。衣料革、高級手袋などに使用される。
カンガルースキン産地はオーストラリア。皮は丈夫で強く、しなやかで、高級素材として珍重される。
オーストリッチ:駝鳥鳥類の中で最も貴重視される。突起した羽軸模様に特色があり、強くて丈夫。
ディアスキン:鹿革小鹿(メス)の革。牛革よりも強く柔軟性があり、通気性に優れている。
日本では古来より武具などにも使用されてきた。耐久年数は30年とも…。
エルクスキン:鹿革大鹿の革。特徴などは上記「ディアスキン」参照。
セームスキン:キョン銀面のみを『アルカリ膨潤なめし』の後に「鱈油で油なめし」を施した革。自動車の洗車やめがね拭きなどに使われる。汚れたら水洗いでき、何度でも使用できる。別名シャミ革。
ペッカリー:ペッカリーペッカリーとはウシやラクダ、カバなどと同じ偶蹄目・ペッカリー科に分類される動物。猪に似ており、南米の森林などに生息。牛革より繊細で柔らかく、通気性がよいとされる。一部を除きワシントン条約により国際的に保護されており、革の流通量は限られる。

・その他の革(爬虫類など)

好みの分かれる爬虫類系の革たち。

ワニ皮:ワニクロコダイル、アリゲーター、カイマンなど。独特な美しい鱗(うろこ)模様が特徴。アジア・アフリカ産をクロコダイル、アメリカ産をアリゲーターと呼び分けて区別する。
ヘビ革:ヘビ斑紋や鱗模様の美しさが特徴。ニシキヘビが主流だが、ほかに海ヘビ、水ヘビなども。「モラレスパイソン」「ダイアモンドパイソン」などが有名。
トカゲ皮:トカゲリング、アグラ、ベンガル、オーバルなどの種類があり、ワニ革に次いで珍重される。
カメ皮:カメ原皮の生産地は中南米のメキシコ。ワニ革に似た鱗模様が重視される。皮質は丈夫です。
シャークスキン:サメ肌質が特徴。
イールスキン:うなぎメクラウナギが原料。独特の模様があり、つるりとした肌ざわり。一枚の革は小さいので縫い合わせてあるのが一般的。(金運があがるとも…)
エイ革:エイ肌質が特徴。ガルーシャ、スティングレイとも呼ばれる。