手縫い革製品 OUCHI革製品のメンテナンス方法 > お手入れ道具とオイルの準備

革製品のメンテナンス方法

お手入れを始める前に道具オイルを準備しましょう
専門的なものが多いですがオイル以外は代替品で十分です

お手入れ道具とオイルの準備

・ブラシ

革表面についた「ゴミ」や「ほこり」を落とすために使用します。

Tシャツ、キッチンペーパー、羽箒など。(細かい毛が落ちないもの)

メンテナンス用ブラシ(画像)

・コットンクロス(やわらかい布)

汚れ落とし、オイルを塗った後の乾拭きに使用します。

タオル、Tシャツなど。(細かい毛が落ちないもの)

メンテナンス用クロス(画像)

・シープウール

オイルを塗るために使用します。

タオル、Tシャツなど。(細かい毛が落ちないもの)

シープウール(画像)

・メンテナンスオイル(革製品用、無色)

革に適度な油分、栄養分を与え、保湿するとともにしなやかさと光沢を出します。
(クリーニング効果、防水効果を持つオイルもあります。)

専門店が近くにない場合は、「靴屋」さんなどで販売している革靴用オイル(ミンクオイルなど)でも代用できます(液体・半固形どちらでも構いません)。色は、「無色」のものをお選びください。
オイルの種類には他にスウェード用、ヌバック用、マット加工用などありますので、よく分からない場合は店員さんに相談してください。

※使用前に必ず目立たないところでテストして、シミなどにならないことを確認してからご使用ください。

メンテナンスオイル(画像)