革製品のメンテナンス方法

準備ができたらお手入れを始めましょう

日頃の感謝を込めてゆっくり丁寧に
オイルは薄めに塗るのがコツです

お手入れ方法

・ほこりの除去

「ゴミ」や「ほこり」を落とし、この後に行う工程(汚れ取り・オイル塗りなど)で革に傷がつくのを防止します。

ブラシ

軽くなでるように全体のゴミ・ほこりを払います。
糸目の部分も同様にほこりを払ってください。

傷が付かないよう「力加減」に注意してください。

1.ほこりを払います

・汚れの拭き取り

オイルでクリーニング・コーティングする前に、革に付いている汚れを拭き取ります。

クロス(やわらかい布)

銀面が傷つかないよう注意しながら汚れを落とします。
落としきれない汚れがある場合は、無理に擦って落とそうとせず、「クリーニングオイル」などを使用してください。(オイルの使用前には必ず目立たない場所で相性の確認をしてください)

特に汚れがない場合でも、全体の「汚れを落とす」ように拭き取りを行ってください。

擦り過ぎて銀面に傷がつかないよう、力の加減に注意してください

2.汚れを拭き取ります

・オイルの準備

塗り込むオイルを取り出します。

シープウール、コットンクロス

シープウールにオイルを少量取り、ウール上で均等に馴染ませます。(画像は馴染ませる前の状態です)
※液状オイルの場合はクロスに適量を馴染ませます。

オイルの付け過ぎは、ベタつきやシミ、型崩れの原因になります。少量ずつ取り出してください。

3.オイルの量に注意

・オイルを塗り込む

適度な油分、栄養分を革に供給し、防水効果や、しなやかさ、光沢などを出します。

シープウール、メンテナンスオイル

オイルを少量ずつ、薄く革に塗り込みます。小さな円を描くようにして革全体に均一に塗り込んでください。
このとき薄く延ばしていても、オイルによっては部分的に色が濃くなり、「ムラ」になっているように見えることがありますが問題ありません。しばらくするとオイルが浸透して均等に行き渡ります。
【注意】オイルは必ず目立たない場所から塗り始めてください。オイルの染み込み具合や革の状態をつかんでから正面(顔)に取り掛かると、シミやオイルの塗りすぎなどの失敗が少なくなります。

オイルが革に悪い影響を与えないかどうか、目立たないところで試し塗りをして確認してください。(無色のオイルを使用しても相性が悪い場合、薄く「シミ」のようなものが残ることがあります)
厚塗りはシミや変形の原因になりますので、薄く・伸ばすように塗りこんでください。

4.オイルを薄く塗ります

・乾拭き

余分なオイルを拭き取ります。同時に、グレージング・磨きを行い、革につやと光沢を出します。

クロス(やわらかい布)

オイルが十分馴染んだのを確認してから始めます。余分なオイルを拭き取るように全体を乾拭きしたあと、別のクロス(または汚れていない乾いた部分)で全体を磨くように拭いてください。

オイルを付け過ぎていると(革がふやけた状態になり)銀面が傷つくことがありますので、様子を見ながら力の入れ具合を加減してください。

5.乾拭き(グレージング)

・陰干し

余分な水分を飛ばし、オイルを馴染ませます。

なし

直射日光の当たらない、風通しのよい日陰に置きます。革を触ってみて湿り気(ベタつき)がなくなればOKです。
(陰干しが必要ない場合もあります)

直射日光のあたる場所には置かないでください。変形や割れの原因になることがあります。

6.陰干しして完了