革製品のメンテナンス方法

長期保管の方法は?』

安全安心に保管するために
手順と方法をご紹介します

保管方法

・保管方法

革製品の品質を保ちつつ、長期間保管します。

最も注意しなければならないことは、カビの発生を防ぐことです。

そのために、保管前にお手入れを行い(別頁『お手入れ方法の基本』参照)コンディションを整えてください。
つぎに、十分陰干しして余分な水分を飛ばします。
乾燥が終わりましたら、傷防止のためやわらかい布で包み、型崩れ防止と湿度調整を兼ねてコピー用紙などの白紙を丸めて中に詰め、準備完了です。

保管場所は、直射日光のあたらない風通しのよい暗所がベストですが、タンスなどに保管する場合は定期的に取り出して状態を確認してください。

傷防止のための包装材にビニール等は使用しないで下さい。革と接着してしまい、銀面が剥がれてしまうことがあります。
また、型崩れ防止・湿度調整のための紙に新聞紙を使用する場合は、インクが写らないよう配慮してください。

革製品の長期保管