手縫いの魅力

一頭一頭個性の違う一枚の革から
的確に贅沢にパーツを厳選して使用

長く使う程に差がでます

パーツの厳選

・部品の切り出し

パーツの切り出し

革は一見どこも同じように見えますが、部位によって性質品質が異なります。(特に革の端に近づくほど品質は落ちていきます)
それらを切り分けるために、OUCHIでは革の切り出しを手作業で行っています。型によるプレス抜き取りではどうしても細かな対応ができず、品質の悪い部分が部品に入り込んでしまうからです。

・「伸び」と「きめ」

革の端部分

革の部位は大別すると首・背中・脇・お腹に分けられます。
革はその部位によって伸び易い方向強度、そして「きめ」が異なりますので、革製品の制作においてどの部位をどの部分に使用するのかが非常に重要になります。

革製品は出来上がったときが完成ではありません。革製品は使われることで完成してゆくものです。
製作時に伸びの方向や強度を計算せずに作ってしまうと、いつまでも使いにくい製品となってしまいます。
OUCHIでは永くお使いいただけるよう、部品の切り出し・使用を厳選して製作を行っています。

(画像は、荒れている部分を写したものです。この部分の革を使用することは決してありません。)