手縫い革製品 OUCHI > 真鍮の魅力
真鍮の魅力

【真鍮について】

真鍮=黄銅=Brass
あまりピンとこない素材と思われがちですが、
実は現在でも硬貨や管楽器(サックスやトランペット等)など、
真鍮は意外に身近で使われている素材です。
侵食されにくい合金(銅+亜鉛)でありながら加工がしやすく、
「金(gold)」に似た上品な黄色光沢があることなどから、
古くから人々に愛され、使われ続けてきました。
(真鍮は鉄などの金属に比べ、非常に錆びにくい金属です。)


【真鍮の魅力】

真鍮は使うほどにアンティークに変化していく、
魅力的な表情を持つ素材です。
画像は6ヵ月ほど使用した革製品の真鍮パーツ。
強い金属光沢が抑えられて淡くやわらかな表情になり、
日焼けが進んだ革とよく馴染んでいます。

このように、革製品ととても相性がいい真鍮部品。
当店では多くの革製品に真鍮部品を使用していますので、
「革の成長」はもちろん「真鍮の経年変化」も同時にお楽しみいただけます。

参考:磨き液などを使用すれば輝きをもどすことも可能です